薦田典佳 | 成功者のマインド

人生で成功するための考え方

薦田典佳 | 世間体を気にしない人が成功する

目標というのは自分にとって随分先のことだと感じていますか?

ですが、成功者は「いつか」とか「いずれ」というような未来の話はしません。今この瞬間にできることを常に考えています。

成功者と脱落者の違いは、成功者は目標を定めたあとは今この瞬間の目の前のことに集中します。

ですが、脱落者は目標を定めたあとに、未来のことだけ考えて目の前にできることをやりません。

目標というのは確かに未来の話ですが、今やること、今目の前にあることがその未来の目標に続いていることに気がつかなくてはいけないのです。

やりたいと思ったことはあなたの内なる声

留学をしたい!

コンサートを開きたい!

社長になりたい!

お金持ちになりたい!

このように「なりたい」と思ったことは、実はあなたの心の奥底からの願望、叫びです。そしてなりたいとおもったら、それを目標として今その目標に向かって最短でできるルートを探すのが成功者です。

ですが、直ぐに理性が働き

「いやいや英語しゃべれないじゃん、英語がしゃべれるようになったら行こう」

とか

「ピアノ弾けないのにコンサートなんて無理だし、いずれピアノが上手になったら」

だとか

「社長になるためのスキルがないし、もう少し勉強してからだな」

とか

「でも今貧乏だし、もうちょっとお金を貯めてから株をやろう」

なんて、今から目をそらし、未来の「いずれ」を考えます。そして、今この瞬間のあなたのやりたいと押し込めます。

この理性というのは、あなた自身の考えではなかったりします。

例えば世間体だとか、親が無理だというからとか、世間一般的にはそんなの無理とかいう「常識」です。「常識的に英語がしゃべれないのに留学とか無理でしょ」という世間の声です。

常識って何?誰が決めたのという意識をもつこと

つまり、あなたの「やりたい」「なりたい」を邪魔するのは、すべて社会的な世間の「当たり前」とかいう声なのです。

本当は英語が喋れなくても留学に行くことは、飛行機のチケットさえ取れば可能ですし、英語が苦手な人向けの語学留学もじつはあります。

常識的に考えたら無理、というのは貴方の声ではありません。世間が勝手に決めたことなのです。それが真実ではないのです。

冷静に考えてみれば、留学をすることを禁止する法律はありませんし、英語がしゃべれないのに留学してはいけないルールもありません。

コンサートもプロじゃなくても開いてもいいですし、上手な人しかコンサートをしてはいけないという法律はどこにもありません。

社長だって、世の中の社長すべてがハーバードや東大出身者じゃなくてはやってはいけないルールはないのです。

貧乏人がお金持ちになりたいと行動することを禁止する法律もありません。

実は、貴方が「無理だ」と思っていることの大多数は、実は自由にやってもいいことなのです。

それを禁止しているのは貴方の中の「世間体」や「常識です」

本当に常識にとらわれないまま、行動に起こしている人が成功しています。貴方を封じ込める世間体、本当に世間は貴方の一挙一足みてますか?実はあなたを縛り付けている世間体ほど、無意味だと気づいてください。

無理、ということは世の中どこにも実はないのです。

薦田典佳 | 仕事がうまくいかない人ほどオドオドしてる

例えば同じチェーン店で、一方は繁盛しているのに、もう一方は繁盛していないというようなことがあります。

またサラリーマンの場合は、同じような年齢、同じような外見なのに、一方はお客さんから信頼されて、もう一方は何かとお客さんからケチをつけられる。

このように、うまく行く人、うまくいかない人というのがあります。

仕事がうまくいかない人には、共通事項があります。それは「自信がないこと」です。

自信がなくて、どこかオドオドしたりビクビクしたりしています。

オドオドしている人は変なオーラが出る

何かに恐れてオドオドしている人間に対し、好意的に捕らえる人は実はいません。

その態度をみてイライラしたり、嗜虐心を感じたりしていじめたくなるのです。

いつも嫌われたくない、失敗したくない、怒られたくないと思っている人ほど、人から嫌われて、意地悪をされて、怒られるのは実はこの、自分自信がオドオドしているせいなのです。

何事にも全ての事象の根本は、自分自信に原因があります。

オドオドしている人には、さらにオドオドさせるような事象が現れてしまうのです。

一方で、どんなに能力が低くても自信満々な態度の人は、不思議と人から信頼されます。能力は高いのにオドオドしながら説明する人は、なかなか相手から信頼されません。

仕事で成功するために最も必要なのが、自信満々な振りです。これはポーズや振りだけでもいいのです。内心でびくびくしながらも、それを人に気取られない自信満々の仮面をつけるだけでもかまいません。

オドオドしている人は食われていく

世の中は弱肉強食です。

自らの弱みを見せて、普段から他人の顔色を窺っている人は、食われます。

それは動物の世界も人間の世界も変わりません。弱っているもの、弱弱しいものから淘汰されるのは当たり前なのです。

だからこそ、仕事がうまくいかない、自分ばかり損をすると思っている人は、自分自身の「態度」が、周りに弱みを見せていることに気が付いてください。

オドオドしていませんか?

不安そうな様子をまき散らしていませんか?

「自分ばかりいじめられる」「自分ばかりお客さんからクレームを言われる」とうのは単純に運が悪いということではありません。

貴方の弱弱しい態度がそれらを引き寄せているだけにすぎないのです。

薦田典佳 | 成功の前にくじける人の特徴とは

薦田典佳 |成功の前にくじける人の特徴とは

何かをしたいと思ったとき、その下準備としての行動を始めるというのはとても素晴らしいことです。

例えば海外留学をしたい!と思った人が、英会話教室に通って英語を勉強するというような行動。

単純に海外留学に行きたいお思っても英語がしゃべれないと、自分の目的が達成できないと感じたり、勉強をしないで弁護士になることはできません。

行動さえ起こせば成功するのか、というと実はそうれではないのです。

成功までには「継続」が必ず必要になりますが、多くの人は途中で投げ出し、挫折し、成功できずにいます。

途中で挫折してしまう人には実は特徴があります。

最初から無理だと思い込んでいる

例えば「海外留学に行きたい」と思ったとき「でも私は英語がしゃべれないから無理だろう」だから最初に英会話スクールへ通う。

こういう人は成功しません。なぜなら、海外留学をする条件に「英語がしゃべれること」が必須要素だと思い込んでいるからです。

実際、英語が全くしゃべれないのに海外留学をしたり、バックパック一つで旅行をし、現地で英語を覚えるというような人もいます。そういう人は「留学をしたい」という最短の距離を選んでいるのです。

ですが、内心で「無理だ」と思っている人ほど、入念な準備をしたがります。

  • 最低限英語がしゃべれるようになってから
  • いつか英語がしゃべれるようになったら留学にいこう

このように内心今は無理と思い込んでいます。

身近な人に反対され、挫折する

身近な人に反対されて挫折する人がいます。親やパートナー、友人などから海外留学をしたいと夢を語ったあなたに対して「英語もしゃべれないのに無理よ」「将来日本に帰ってきて何ができるのよ」「あなたはには無理よ」

などと言われてしまい、諦めるというパターンです。

成功者は周りに何を言われようと、やりたいと思ったことは実行します。それは人生の決断の権利が自分にあることを知っているからです。

他人に自分の人生の舵をきらせる人は、成功しません。誰に反対されようが、貴方がやりたいと思ったことはすべきなのです。

他人はあなたの成功の邪魔をするかもしれませんが、自分の人生の決定権を他人に任せてはいけません。

薦田典佳 | 人生が上手くいかない人ほど「無理」という

薦田典佳 |人生が上手くいかない人ほど「無理」という

例えばこういう話があるとしましょう。

バイオリンを習っているA男さんが、「いつかバイオリンリサイタルを開きたい」。

パティシエになりたいC子さんが「いつかフランスに修行に行きたい」

そう思っていたとします。

彼、または彼女たちは大きな夢をもっているので、成功者になれるとそう思うでしょうか?

答えはNOです。なぜならば「いつか」という言葉がある夢は、内心で必ず「自分には無理だ」というマインドが隠れているからです。

成功しない人ほど「いつか」と思う

自分の夢や目標を打ち上げるとき、かならず「いつか」という言葉を遣う人がいます。

実はこの「いつか○○したい」と言っている夢の多くは実現しません。いつかと言っている時点で、本人が実はその夢を無理だと思い諦めてしまっているからです。

「いつかフランスに修行にいきたいの」

「今から修行先探して申し込んでしまえばいいじゃない?」

「いやー無理よ、だってお金もないし、今の仕事も簡単にはやめられないわ」

こんな会話が聞こえてきそうです。

A男さんの場合は

「いつかバイオリンリサイタルを開きたいんだよ」

「じゃぁ、今度ライブハウスを借りて開いちゃいなよ」

「いやー無理だよ、まだ下手だし、曲も2曲しか弾けないからお客さんは来ないよ」

どうでしょうか?

このように「無理だよ」と何かと理由を付ける会話が見えてくるのではないでしょうか?

C子さんの場合は、お金がなかろうが、なんだろうが、本当にフランスに行きたいのだったらとにかくまずはフランスに行って、そこで修行先を探すというような行動に移せばいいのです。

A男さんの場合は、2曲だけだろうがリサイタル日を決めてしまい、あとはがむしゃらに人に聞かせられるような練習をすればいいだけなのです。

つまり「いつか」と思っている段階で、かならず無理だという言い訳も用意しているのです。

成功者は「無理」という言葉は使いませんし「いつか」という言葉も使いません。「今でしょ!」という言葉で有名になった塾の先生も言いますが、あの言葉は真理をついています。

いつか、は永遠に訪れません

目標を定めたら、今できる行動をとるのが成功者のマインドです。

夢を語るときに「いつか○○したい」とうい言葉は封印してください。

薦田典佳 | 成功者はやりたいことを我慢しない

やりたいけど、無理だと思うこと。

やりたいけど、我慢していること。

そういうことありませんか?

例えば、40代の女性の話。「私がもう少し若かったら、女優になるためにオーディションに応募したのに」というふうに言うことがあります。

彼女の頭の中にはこのような感情が占められていたことでしょう。「今更無理」「自分には無理」「もう若くないから」「現実的ではない」

ですが、その無理というのは一体誰が決めた世界のルールでしょうか?

40歳から女優を目指すことは、禁止されているのでしょうか?

実はこの「無理」というのは自分の中での勝手な思い込みでしかないのです。

成功者になるためには、貴方の頭の中にある「無理」という感情と戦わなくてはいけません。

やりたいことは我慢しない、それが成功者マインド

成功者はまず自分が「やりたい」と思ったことに対して「無理」と思って我慢はしません。

だって我慢をする必要がないからです。

だから貴方がもし40歳だけど女優になりたい、憧れる、そう思うのであれば、女優になるためのオーディションを受けて、女優としての美貌を磨き、ダイエットに励む行動を起こせばいいのです。

やりたいことを何故我慢するのでしょうか?

他人から馬鹿にされるからですか?

周りから反対されるからですか?

周りから「あなたいまさらそんなこと無理よ」と言われるからですか?

すべて他人の視線を気にして自分を封じ込めていませんか?

一体誰があなたのやりたいことが本当に無理だと決めつけたのですか?

そう自問していけばするほど、やりたいことを我慢するなんてナンセンスで馬鹿らしいことだと気がつくと思います。

行動をすることで、ひょっとしたら40歳でも女優としてデビューするチャンスをつかむことができるようになるかもしれません。

ですが、行動せずに「無理だわ」と諦めていれば、女優になることは100%ないでしょう。

無理だと思うこと、我慢する必要はありません

もちろん犯罪者になるような社会的ルールを逸脱するような行動はすべきではありません。ですが、それ以外のやりたいことを我慢する必要ないのです。成功者は行動をしたから成功したんですよ?

そろそろ皆さんもそのことに気がついてください。

薦田典佳 | 成功者は目標を持っている

薦田典佳 | 成功者は目標を持っている

例えば貴方がレストランを運営しようと思ったとき、どのような目標を持っていますか?

レストランをオープンするのが目標だ。

というのであれば、残念ながら貴方は成功者になるマインドはもっていません。

成功者になるには、大きな夢、大きな目標を持っているということです。

レストランをオープンしてフランチャイズ展開をして100店舗を目指す。年商1億を目指す。

このくらいの大きな夢と目標を持つことが大切なのです。

大きな夢、目標を持つことの意味

実は目標というのは、それを定めるだけで脳というものがそのゴールに向かってのあらゆる行動を模索し始める効果があるものです。

だから、「レストランをオープンする」ということだけが目標の場合、レストランオープンさせてその後どのように運用して自分が成功していくか、というビジョンに関しては思考が停止している状態になるのです。

逆にレストランでフランチャイズ100店展開する、という目標を定めた場合、1号店のレストランオープンはただの通過点に過ぎなくなります。

本当はレストランオープンをすることが最初の目標だとしても、あっけなくその夢はかなうことでしょう。

そして次の2号店を展開するために、1号店の何がダメなのか、お客様に喜んでもらえるようにするにはどのようなところに工夫すればいいのか、そう頭を働かせるようになるのです。

つまり、目標を大きく持たない人は成功のための努力をまずはしなくなってしまいます。

だって、レストランをオープンするという目標はもうクリアしているので、例えお客さんが来なかろうが、料理がまずかろうが、そこで満足してしまうのです。

夢を大きく持て!というのは、常に自分が大きな目標に対して頭を動かし、成長し続けるために必要なことなのです。

貴方がもし成功者となりたいのであれば、成功者にふさわしい大きな、大きな目標を掲げましょう!

レストランをオープンさせることだけの小さな目標をもつだけではダメなのです。

薦田典佳 | 成功者のマインドを真似しよう

人生の成功者として活躍している方にはある共通点があります。

それは彼らの考え方を真似する上で重要な項目です。

家族と仲がよいということ

男性の場合は妻に対して、女性の場合は夫に対して敬意を持って接している家庭を作っている方は成功者のマインドをお持ちです。

世界的な成功者の多くは、愛妻家が多いと言われています。ビジネスの世界で成功する人は、実は家庭がビジネスの世界の縮図であることを知っています。

妻と仲が悪い、妻を蔑ろにして愛人を作り妻から恨みを買っている。このような家庭環境「しか」作れない人間がビジネスの世界で多くの人を動かし、尊敬されることはないのです。

家庭の中で起こるあらゆる事象は、必ずビジネスの世界でも同じように現れます。

妻と仲が悪い人は、会社でも敵が現れ自分を苦しめるのです。夫と仲が悪い女性は夫のように自分に悪意を持って接する上司が必ず現れてきます。

成功者として人生の喜びを得たいのであれば、妻、夫に対して敬意を払い、そして家族仲良く過ごしましょう。大きな成功者の多くは家族が仲がよいのです。

それは家庭の中でも彼ら、または彼女らが相手をリスペクトし、気を遣い、愛情を与えているさまざまな「努力」をしているからです。その努力を貴方もまずは初めてみましょう。

自分の成功だけを考えていない

成功する人というのは必ず、自分だけが得をしようだとか、損をしたくないというような考えを持っていません。

つねに誰かのために、世のため、人のためという視点を持っています。

他人への思いやりを持つことで、社会貢献の意識が生まれます。

自分のことばかり考えているようでは大成はしないように世の中は不思議とできているのです。

行動に移そうとすること

成功者の多くはまずは行動を起こすことが最初にあります。一方で成功しない人は考え込んで、「自分には無理」だと諦めてしまいます。

かの有名なヒューレットパッカード社も起業当初からパソコンを作っていたわけではありません。会社を立ち上げてしばらくの間は、思いついたものをどんどんと開発しっていったのです。

成功者の多くは、自分が思ったことを失敗を恐れずに行動をしています。失敗から学んでいるのです。失敗しても貴方が死ぬことはほとんどと言ってないでしょう。

だから失敗したくないと考え込む必要はないのです。思い立ったら行動を起こす、考え込まない、それが必要なのです。

頭がいい人だけが成功するという思い込みを捨てる

世の中の成功者が、有名大学を出ていて、とりわけ天才的な頭脳を持っているから成功しているのだ。

そう考えていませんか?

実はそうではありません。成功者になった人は、自分の能力が足りないのでは、自分には無理なんじゃないかと悩まず行動に起こした結果成功しています。

彼らが全員有名な大学を出て、論文がかけるわけではありません。ただ行動を起こした。それに尽きるのです。

だからこそ、貴方も自分はとりわけ特技も何もないから、成功者になるのは難しいだろうと思い悩む必要はないということなのです。

薦田典佳 | 成功者のマインド

薦田典佳 | 成功者のマインド

ビジネスの世界で成功するのは、20代などの若い年齢に限った話ではありません。

世の中には30を過ぎてから遅咲きで成功者になった方も多く居ます。

例えば日清食品創業者の安藤百福さんも48歳で日清食品を創業しています。

また日本で有名なマクドナルドの総合者のレイ・クロック氏も52歳から事業家としてスタートしています。

ケンタッキーフライドチキンの創業者のカーネル・サンダース氏はなんと62歳で創立しています。

また松浦清張も42歳で作家デビューを果たしているのです。

このように日本や海外で成功を収めている実業家は、若くして成功したわけではありません。

つまり、30代を過ぎて「俺、私は何者にもなれない」と思い悩んでいる方も、もしかしたらこれからまだまだ人生の成功者としての人生が花開いていくかもしれないのです。

ご自分の年齢を理由に「もう無理だ」と思う事がいかに馬鹿らしい事かわかるのではないでしょうか?

このブログでは、世界の成功者たちが持つビジネスのマインドについて紹介していきたいと思います。

成功者になるための一番の方法をご存知ですか?

それは、すでに成功している人たちの考え方、行動を学び、そして真似する方法なのです。

既にお手本は貴方の目の前にある事に、多くの人は気が付いていません。

ビジネスの成功者のマインドを学び、貴方の人生での大きな挑戦にトライしていきましょう!

薦田典佳 |成功者ほど運がよい

笑顔

心遣いをする人は、周りから応援され、大切にされます。

ですが、悪口ばかり、愚痴ばかり、会えば気が滅入るような人が独立しようとしても、だれも応援はしてくれません。

人間というのはまず自分が他人に対してどれくらい親切にできるか、自分がどれくらい他者に対して貢献できるかが大切なのです。

成功者ほど、弱い立場の人にやさしい

成功している人は他人に対して厳しさではなく寛容な心をもっています。

例えば貴方が成功したい、成功したいと思っていながら、スーパーやコンビ二、レストランの店員に対して横柄な態度をとっているのであれば、貴方は大成はしません。

人生で成功するためには、人から好かれなくてはいけないのです。

人から好かれない人も社長としてやっていっているじゃないか、と思うかもしれません。

ですが、人から嫌われる人は、いざ成功しても、必ず足元をすくわれる、邪魔をする敵がでてくるのです。

だからまず、人に好かれる人間になるよう努力しましょう。

いつも感謝の言葉「ありがとう」が言える人になりましょう。

成功者ほど、腰が低く、丁寧で、身分にかかわらず公平な態度をとります。それが一流です。

貴方が人にやさしくすればするほど、周りの人は貴方を応援し、何かあった時に助けてくれるようになるのです。

笑顔がある人には運が向く

成功者になる人は神仏的な考えをバカにはしません。なぜなら昔からある宗教観、とくに仏教の考えなどは自己を律してより良い人間になるための哲学だからです。

例えば笑う門には福来るということわざもそうです。笑顔のある人には運が向きます。

この運というのはどういうことかというと、どんな困難な時でもポジティブに活路を見出せる能力のことだと私は思います。

同じような体験をしていても、悲観的なAさんと笑顔でポジティブなBさんだと考え方が違います。

Aさんは悲観的に嘆くばかりですが、Bさんは何とかなると信じてポジティブに考えた結果その出来事をプラスに捕らえます。

Aさんから見るとBさんは、運がよくてラッキーで、何の努力もしていないように見えます。

つまり、運というのはポジティブな思考によって引き寄せられるものなのです。

人生の成功者になりたいのであれば、マイナス思考からプラス思考に切り替えていきましょう。プラス思考の源は笑顔です。毎日無理やりにでもいいので笑顔を心がけるのが成功の秘訣なのです。

薦田典佳 |成功者ほど外見に気を遣う

薦田典佳 |成功者ほど外見に気を遣う

これは、外見の話になりますが、恋愛でもビジネスの世界でも、成功者ほど外見に気を遣う傾向が強いです。

一方で外見を取り繕うことをバカにしている人ほど、「俺の仕事の能力で評価してほしい」とか「私の内面を見て好きになってほしい」だとか言います。

そういう方は成功しません。

なぜならビジネスも恋愛も、人間相手にしているものです。人間には第一印象で相手の印象を決めてしまう性質があります。

だからどんなに仕事上で能力が高くても、ボロボロのスーツをきて、ぼさぼさの頭の人は「うだつが上がらない」「仕事ができないやつに違いない」という評価になります。

恋愛においても「私は性格もいいので、内面で評価してほしい」と言いながら、髪の毛もとかさない、化粧もしない、おしゃれもしないで古いスエットを着ている女性を、第一印象で魅力的に思う人はいません。

ビジネスで成功するなら、外見は鎧だと自覚せよ

例えば2人の社長がいます。

どちらかの社長に仕事をお願いしようと思っている大企業の人が、それぞれの社長の印象をこう感じていました。

A社長はボロボロの作業服で、どうにも貧相な様子です。

B社長はいつもビシッとしたスーツに手入れされた靴、そしてピカピカの腕時計をつけています。

実はA社もB社も技術も、企業規模も同じですが、大手企業が取引したいと思うのはどちらでしょうか?

やはりB社長のほうが、身だしなみに気を付けているためか自信がたっぷりで頼もしく見えませんでしょうか?

A社長のほうは身だしなみも悪く、オドオドしたような景気の暗い印象になってしまうのです。

もしかしたら大企業はA社の社長にはガンガンと値下げ交渉をするかもしれません。それはA社の社長が弱く見えるからなのです。

ビジネスの世界は弱肉強食です。外見からみて弱いと思われたら負けなのです。

だからこそ成功者はそれを理解しているため、たとえ表面的であろうとも外見に手をかけ、景気の良いふりをするのです。

女性の場合はきらきらした指輪やネックレスを身に着け、ブランドのスーツを着てもよいです。

男性の場合は体にあったスーツに靴、そしてブランドの時計なんかもよいでしょう。

成功者ほど外見は景気がよく装います。

ブランドや宝飾品などは自分への自信にもつながりますので、ビジネスの世界で相手から「舐められない」ために、外見を磨くことはとても大切です。